ネットカフェに住所は置けるか? | ネットカフェ暮らしからの脱出!


ネットカフェ暮らしから抜け出したい!
ネットカフェ暮らしを卒業するために
知っておくべきことについて解説しています。

ネットカフェに住所は置けるか?

非正規雇用での労働者が増えたり、派遣切りなどで生活が困難になり、ネットカフェ難民と呼ばれる人が増えてきました。政府は未だにこのネットカフェ難民増加に対しての有効な対策を打ち出せていないのが現状です。

崖っぷちの生活でなんとか踏みとどまるために、そのような苦しい立場の人の最後の支えになっているのが、今のネットカフェです。しかし、このようなネットカフェ難民の方たちが、住民登録ができない状況から、免許の更新や、各種行政サービスなどを受けることができなくなってしまいます。生活建て直しを図りたくとも、ネットカフェ難民にとっては住所がなく、とても困難な状況なのです。

そのようななか、ネットカフェはシャワーの設置、ドリンクサービス、ネイルサロン併設など様々なサービスを打ち出し、進化を続けていると言えますが、生活建て直しのきっかけにして欲しいという願いを込めて、連続滞在プランを用意して、30日以上の場合は住民登録が可能とするサービスを打ち出したネットカフェがあります。

このようなサービスは、店舗を生活拠点として認めてしまって良いのか?貧困者をビジネスの対象として食い物にしていないか?など、批判の声もあるのは事実です。

何事も新しいことには賛否両論出てくるものですが、この住民登録可能なネットカフェの登場はネットカフェ難民問題に一石を投じたのは事実と言えると思います。批判の声があっても、救われる人がいるのは確かなのではないでしょうか?大手チェーン店のネットカフェだと シャワーもあったり個室や女性専用エリアもあったりするので貧困層でなくても、住所登録している方はいるそうです。サラリーマンで通勤に時間をかけるより、職場の近くのネットカフェに寝泊まりして そこから通ったほうが近いしすぐ眠れるというのが理由だそうです。また、女性専用エリアや女性専用階があるネットカフェなどもあり、そちらでもビジネスホテルに泊まるよりも安いということで 住所登録している女子もいるそうです。自分のスタイルに合わせて利用するといいと思いますが、やはり早めに完全なお部屋で暮らせるほうがいい子もいると思います。その場合も、風俗業界でも 即日入れる寮完備のお店などもあり短期バイトでも入れるのでぜひ相談してみるといいでしょう。ペット可や彼氏、子供と一緒に入れる寮完備のお店もあるので、働きたいお店が見つかったらぜひお店に 相談してみてくださいね。おすすめなのはhttp://ninpuseikatu.com/http://sui-tutuuhan.com/です。 今日中に働けるお店も見つかるのでもうネットカフェ暮らしは嫌!という子は、ぜひ求人情報をチェック♪フリーメールアドレスをとったり、スマホから無料登録しておけば自分の条件に合った お店からスカウトメールが届きます♪