ケータイプリペイドについて | ネットカフェ暮らしからの脱出!


ネットカフェ暮らしから抜け出したい!
ネットカフェ暮らしを卒業するために
知っておくべきことについて解説しています。

ケータイプリペイドについて

ネットカフェ暮らしをしていても、やはり連絡を取る必要はあるので、電話は必要になると思います。ネットカフェ暮らしでも使いやすい電話といいますと、ケータイプリペイドになります。

一般にプリペイド式携帯電話といい、予め料金を前払いして、その料金分だけの通話料を利用できるものです。このケータイプリペイドは、プリペイド式携帯電話の専用機を購入するものと、auやソフトバンクで利用できる携帯電話機を持ち込んで契約を行う方式があります。

ケータイプリペイドには契約期間があるため、その期間を過ぎると残額があっても、発信することができなくなってしまいますので、その点は知っておかなくてはいけません。

ケータイプリペイドは、犯罪にも利用されやすく、その事を危惧してドコモでは現在このサービスを行っていません。また、通常の携帯電話機よりも、ナビダイヤル・テレドーム、国際電話など、かけることが出来ないサービスもあるので、注意が必要になっています。

ケータイプリペイドの番号が知人の間に認知されていて、通常の携帯電話機にその番号を引き継ぎたいという場合があるかもしれませんが、移行できるものと出来ないものもあります。

ケータイプリペイドの場合、通常の携帯電話における基本料金というものがないため、それが通話料に付加されているせいか、通常の通話料金より高く設定されています。

ソフトバンクではEメールも使用できますが、auの場合にはcメールのみしか利用できないという事も、選択時のポイントになります。